明るい部屋

注文住宅の種類

リビング

注文住宅を建てる際、依頼する先は大まかに3種類に分けられます。知名度のあるハウスメーカーや地域密着型の工務店、ゼロから造り上げる設計事務所です。 ハウスメーカーの特徴としては、ある程度決まっている間取りの組み合わせを自由に選び、契約します。耐震や機能性などの品質も安定していて住んだ後のアフターサービスも充実しています。ただ、管理と施工が別々になっている為、細々した変更は受け入れてもらえません。さらに何かオプションを付けた場合は値段がぐんと上がる可能性もあります。 次に工務店ですが、その土地の気候や特徴も理解している為、安心した家造りを行ってくれます。そして、地域の人々により支えられている部分があるので、アフターサービスも怠りませんし、間取りなどの希望があれば融通もきかせてくれます。じっくりと施工していくので、ハウスメーカーよりは工期が長引く場合もあるでしょう。すぐれた工務店もあればそうじゃない工務店もあるかもしれません。それを見極めることが重要です。 最後に設計事務所ですが、なによりデザイン性に優れており、こだわりの詰まった個性のある住宅を建てることができます。狭い土地でも上手く対応したり、希望の間取りを実現させてくれます。その分、設計から完成に至るまで長期間になりますし、建築家に依頼するため設計料もかかります。 注文住宅の種類を知って、自分達の条件にあったものを見つけましょう。

TOPICS


TOP

Copyright © 2016 豊田市の新築の家を建てるにあたって頭を悩ませた注文住宅 All Rights Reserved.